FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立てば芍薬、座れば牡丹。歩く姿は百合の花。

なんて言葉があります。”絶対華人”(字あってる?)などにもあるように女性とはかくも麗しくあるべきである・・・と。世のギャルゲのヒロインたちは原画家の理想たるヒロイン像の具現化で、その容姿の好みの差はあれど優劣はあってはならないものだと思います。

容姿はそれでいいとして、近年のギャルゲの多くのヒロインは”残念さ”によって支えられている内面において”残念さ”とは美徳ですらあると言えます。

2015y07m21d_221446220.jpg

まさかタイトル画面が変わったり、エピローグがあるとは・・・。
エピローグと言えば俺の中では「木漏れ陽のノスタルジーカ」が印象的ですね。あれのような感動はありませんでしたが、幕引きはすっきりとした良いものだったと思います。

そんなわけで今回でこのゲームもおしまいです。





2015y07m20d_121255070.jpg

2015y07m20d_142700593.jpg

近年のギャルゲのヒロインは”残念さ”に支えられている。と前述しました。まぁようするにこのゲームは企画段階で難ありだったんですよね。
けれど、面白かったと思えます。”残念さ”を売りにした青春モノに強く期待するとガッカリ感はあるんですけど、役割分担や攻め方をある程度、示唆しているって考えるとありです。まぁこのジャンルに関しては同人系や脳内彼女さんが強いですからね。

最終の咲耶ですが、ちょー可愛かったです。アホの子特性って話でしたが、それほどアホって感じではなく、天然よりと言うか、ある種の”男性が描きやすい女性像の理想”みたいな雰囲気ありました。

2015y07m20d_151016127.jpg

2015y07m20d_212315170.jpg

ムードメーカーで主人公の理解者でややボケ担当で料理が得意で実はずっと主人公のことが好きって子。グループ内の”お母さん”でありながら実は一番”女の子”でもあり”大人”な一面も見せてくれたりね。

2015y07m21d_220714054.jpg

ではまとめていきましょう。

システム面を始め、環境は快適で遊びやすいです。シナリオ、CGに微妙な噛み合いの悪さを感じつつも声優さんによりヒロインの魅力は十分発揮されていると思います。
尺は1週目はかなり長く感じ、2週目以降は重複するイベントの関係でかなり早く感じますね。4ヒロイン+1サブの体制でサブヒロインもっさんはエロシーンのCG2枚のみの1シーンのみなのがボリューム不足でした。
テーマとしては企画段階から難航しそうな内容でしたがポップさはあったんで今後に期待したい感じです。

2015y07m21d_223005978.jpg

ヒロイン同士のバランスは良かったので気になるヒロインが居るようであればやってみてもいいと思います。ただ、その場合は好きなヒロインからの攻略をお勧めします。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D@ruma

Author:D@ruma
達磨のだるだるブログへお越しいただきありがとうございます。

「達磨の」と謳ってはいますが表記上は「D@ruma」でお願いします。
パッとしないブログではありますが、時々でも訪問いただければ嬉しいです。


気が向いたら「拍手」などお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。