FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lasciate ogne speranza, voi ch'intrate.


2015y06m14d_200914128.jpg

汝等こゝに入るもの一切の望みを棄てよ

ダンテの地獄門より。イタリア語だそうです。

門の内側へ”希望”を持って入ることがより一層の苦痛となる。だから門前で余計な苦痛を与えることなきよう”希望”を持たぬことを勧める程の”地獄”であるのか?
はたまた、助言のようでありながらも”希望”を捨てさせ入門させることで、より一層完璧な”地獄”を目指したゆえか・・・。

哲学ですね。



2015y06m03d_210147138.jpg

ゲーム業界の修羅の国。クソゲー闊歩が極めて日常の地獄のような修羅の国。その2013年度の覇者「明日もこの部室で会いましょう」でしたが、2010年度の修羅王”前後”こと「色に出でにけり、わが恋は」との比較から始まりました。

ぶっちゃけ、”前後”は選択肢数が多い。一部ヒロインの人格が壊滅的である。ライターが面白いと思い入れた”お約束トーク”が酷く寒々しい。ということがありました。実際、プレイしていて選択肢の数はきつかったし、「前後ぉぉぉん」は素でアルカイックスマイルを浮かべましたが・・・。大手作品ということで各所に手が入っており、声優は豪華、CGやOPは高レベル。(特にOPに関しては神OPの呼び声もあります。)ということもあり、一部シーン(具体的にはエロ)はそれなりによろしいものだったと思います。
それに対して新鋭のメーカー作と言うことで「明日もこの部室で会いましょう(以下、部室)」は総合的に粗が目立ち、イベントCGも枚数的にかなり少ないので物語の起伏も浅く、結構な苦行でした。

それでも、一つ。己の業が如何に深く、如何に修羅の国に馴染んでいるかを改めて実感したのは良い経験でした。

なんせ、やってて退屈でだれていながらも「この声優さん”劣化 桐○華”かと思ったら意外と”あり”だなぁ。他作品もチェックチェック」とか普通に批評空間で探してましたしね。
クソゲー踏んでも前向きに。そういう精神が自分の中にあるとはびっくりしました。




分かりきっていたことですが、色々と問題点はありました。
購入時点で”ネタ”としての部分が強く、苦行であることは覚悟していた部分はありますがそれでも!

2015y03m15d_225546926.jpg

そして許せない、我慢なら無いことはあります。


2015y06m06d_121238060.jpg

2015y06m05d_223941153.jpg

見た目に反して女教師の脳内が緩すぎる。別に処女性にこだわりはしません。非処女で一向に構いませんが、頭が緩いユルユルのパー子にしてしまうのは違うと!

2015y06m14d_093543658.jpg

2015y06m05d_182059117.jpg

2015y06m05d_183240958.jpg

現代、”カメラ”は身近になっています。
俺も最近カメラを購入したわけなんですが、購入にいたるまでに色々と見て回ったり店員さんに話を聞いたりとしていたんですが、アウトレット品の”色は選べない”が最近のモデルで設備もある程度整った”エントリー向けのモデル(新品)”で最安値は6480円(税抜き)くらいでした。
中古可となれば更にハードルは下がり、”動作確認済”でメーカー保障は切れているもののショップ保証ありの近年のモデルにかなり近い性能のモノで3950円(税抜き)とかもありました。

要するに「カメラ買う人、持つ人増えてんだから”カメラ談義(上記スクショ参照)”みたいのの方が面白かったんじゃね!?」・・・っちゅー話です。

実際、”食虫植物”の件は抜きでも「ダ○ボー写真」とか「ドールと旅行」なんてのも増えてますしね。そういうシェアに貢献しても良かったかと。
専門的な知識や情報を分かりやすく学ばせてくれる作品の印象は総じて良いような気がしますしね。

2015y06m14d_095900574.jpg

台 無 し だ 。



総評。

クソゲーです。バグはとりあえず「名前が255バイトまで入力可能なバグ」意外には特になかったかと思います。フラグ折れの”ヒロインが他男子と居るのを目撃”は3ヒロイン全員が2回ありました。(目安的には6~8回目被写体選択と15~17回目被写体選択の辺りだったかと思います。)イベントCGがなく、特にこれといった強調もされいないのでひどく”サラッ”と文字が流れてフラグが折れます。攻略サイトとかも特に見当たらなかったんで、行動選択毎にセーブしてフラグ折れたらリロードで進めいく感じです。サブヒロインは初期の被写体選択・・・。

2015y06m06d_122631260.jpg

2015y06m06d_122634751.jpg

・・・で、サブヒロインを選んでおいてあとはずっと”行動選択”の時に「カメラの手入れ」や「まっすぐ帰る」を選び続けるだけでEDまでいけました。

フラグ管理、CGの枚数とそれぞれのクオリティがアンバランス、ヒロインが縦長、主人公がかなりキモい、イベントCGの使い方がおかしい、テキストが面白くない、立ち絵差分が少ない、EDだけ超展開。と挙げたらキリがないですね。
特にEDの超展開は幼馴染、メインヒロイン、主人公ボッチエンドは特にハイレベルで映画でいうと「フィースト3」のラストレベルの凄さです。

褒める点があるとしたら、OP主題歌が割と良い&OP画面でカーソルがあった場所で”シャッター音エフェクト”がある。ですかね。特に”シャッター音エフェクト”は良いですよ。

「部室」やってみて、「魔王のくせに生イキだ(1&2)」と崩そうと思えたのが収穫ですかね。レオヴィル、結構期待してたりします。

ところで、「魔王のくせに生イキだ」のトルーデがメインヒロインになるFDとか出ませんかね?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D@ruma

Author:D@ruma
達磨のだるだるブログへお越しいただきありがとうございます。

「達磨の」と謳ってはいますが表記上は「D@ruma」でお願いします。
パッとしないブログではありますが、時々でも訪問いただければ嬉しいです。


気が向いたら「拍手」などお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来訪者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。